クレジットカードのキャッシングと総量規制対象外の違いとは

総量規制対象外の基本

総量規制対象外カードローンというのは、法律による「融資の上限額に関する規制」がないカードローンのことをいいます。総量規制は、2010年6月18日に始まりましたが、貸金業法という法律によって、「年収の3分の1を超える融資」が原則として禁止となりました。

たとえば、毎月10万円のアルバイト収入がある人への融資は、年収120万円の3分の1である「40万円まで」となっています。貸金業法は、非常に厳しい罰則規定がある法律になりますので、法律の基準以上の融資をする貸金業者はありません。

自分の年収の3分の1を超えるお金が必要なときは、消費者金融やクレジットカード会社ではなく、銀行のカードローンを選ぶようにしてください。銀行は、貸金業法ではなく、銀行法などの規制の下でサービスを行っています。銀行法では、融資の上限額に関する規制はありませんので、年収の3分の1超の融資も見込めるようになります。

また、総量規制対象外のカードローンでは、収入証明書を提出する基準もゆるくなっています。クレジットカード会社などが「50万円超の希望額」で収入証明書の提出が必要ですが、総量規制対象外なら、少なくとも100万円までは書類なしで借りられます。

クレジットカードは総量規制対象外ではありません!

■クレジットカードのキャッシング審査の問題点について□

すべての人に当てはまるわけではありませんが、クレジットカードのキャッシング枠の審査を受けることでデメリットが生じる場合があります。

たとえば、これまでのクレジットカードの引き落としに問題があったり、別会社のローンで延滞した経験があると、審査をきっかけに、クレジットカードのショッピング枠まで減らされることがあります。もちろん、キャッシング枠が認められることはありません。

つまり、クレジットカードの場合は、ショッピングとキャッシングが同一企業による審査になるため、総合的に判断して、クレジットカードのショッピング枠の減額ということもあるということです。

逆に、別会社のカードローンでキャッシングするようにすれば、少なくとも、現在のクレジットカードのショッピング枠は維持できます。使用していないクレジットカードならいいですが、なくては困るという場合は、別会社のカードローンを選ぶのがおすすめです。

■クレジットカードのキャッシング残高が与える影響について□

すでにクレジットカードのキャッシング枠を利用している場合は、総量規制の影響に気をつける必要があります。

総量規制は、貸金業法による規制ですが、消費者金融だけでなく、クレジットカード会社をも規制の対象としています。

たとえば、年収150万円の人がクレジットカードで30万円のキャッシングをしている場合、別途、消費者金融に申し込んだとしても、融資が認められるのは、最高でも20万円までです。

この場合で20万円超のお金が必要になっているときは、総量規制対象外の銀行カードローンを選ぶことになります。

■クレジットカードのショッピング残高と総量規制の関係について□

クレジットカードのショッピング残高については、総量規制の「年収の3分の1」の計算には含めません。同様にテレビショッピングなどで、信販会社の分割払いが残っていたとしても、総量規制の計算には影響しません。銀行カードローンの残高も総量規制には関係ありません。

「年収の3分の1」の計算では、あくまでも消費者金融、クレジットカード会社などの「キャッシング残高」についてだけを計算しています。年収の3分の1の計算範囲を間違えて覚えてしまうと、適切なカードローン選びの障害になりますので注意するようにしてください。

■希望額に応じてカードローンを選択!□

クレジットカードでキャッシングすることも可能ですが、できれば総量規制対象外、あるいは、消費者金融のカードローンを利用するのがおすすめです。(参考:総量規制対象外でお金借りる.jp

カードローンでお金を借りて、毎月、提携ATMで返済をするようにすれば、「お金を借りて返済している」という実感が湧くようになります。

これに対して、クレジットカードでキャッシングしてしまうと、ローンの返済は、ショッピングの利用と同じく「口座振替」で処理されます。お金を借りているという実感が薄れてしまい、ついついお金の借りすぎということにもなりかねません。

クレジットカードはショッピング専用、キャッシングはカードローンで、と役割を分けることで、お金の借りすぎを防止できます。

希望している金額が多いときは「総量規制対象外カードローン」、50万円以下の少額なら「消費者金融」を選び、新たにローン専用のカードを作ることをおすすめします。

クレジットカードのキャッシングに関するQ&A

Q. クレジットカードのキャッシングは総量規制の影響がありますか?

A. クレジットカード会社は、貸金業法に基づいて設立された「貸金業者」になりますので、総量規制の影響を受けています。貸金業者というのは、クレジットカード会社だけでなく、消費者金融や信販会社なども含まれます。

つまり、消費者金融やクレジットカード会社などのキャッシング残高の合計は、総量規制によって「年収の3分の1まで」となります。年収150万円なら「合計50万円まで」、年収300万円なら「合計100万円まで」と法律によって決められています。この基準を上回る希望額のときは、総量規制対象外の銀行カードローンを選ぶようにしましょう。

Q. 銀行系クレジットカードのキャッシング機能は、総量規制対象外になりますか?

A. 銀行系クレジットカードのほとんどは、銀行が提供するサービスではなく、銀行に関連する「貸金業者」によるサービスです。貸金業者は、総量規制の影響を受けますので、銀行系であっても年収の3分の1までの融資しか受けられません。

同様に、モビットやアコム、プロミスなどのような「銀行系の消費者金融」も総量規制の影響があります。キャッシングのサービスが「銀行」によるものであれば「総量規制対象外」ですが、銀行が関与しているだけでは、総量規制対象外にはなりません。総量規制の対象かどうかは、金融機関のホームページの企業情報を確認し、会社名が「○○銀行」となっているかどうかで判断するようにしてください。

Q. クレジットカードのキャッシングで残高がある場合の注意点は?

A. 総量規制の「年収の3分の1」の計算は、金融機関ごとにするものではありません。すでにクレジットカードで年収の3分の1近くのキャッシング残高がある場合は、他の消費者金融などからの融資は受けられません。

総量規制対象の金融機関の合計の残高が「年収の3分の1まで」となっていますので、計算の範囲を間違えないようにすることが重要です。なお、すでに貸金業者から借入れしている残高や件数は、新たな申込みで隠せるものではありません。カードローンの申込みで虚偽の残高などを申告しても、すぐにバレてしまいますので注意するようにしましょう。

カードローン申込みの体験談

クレジットカードでキャッシングをしようかと考えていましたが、総量規制対象外のカードローンを選びました。クレジットカードは、総量規制の対象だと聞いたので、年収の3分の1までしか借りられないからです。無事にローンのカードも作ることができたので、良かったと思います!

クレジットカードとカードローンを別々に管理したかったので、銀行のカードローンに申込みました。限度額は、10万円もあれば十分と思っていましたが、50万円も使えることに決まりました。家計のやりくりや車検のときに、カードローンも使ってみたいと思います。

パートで収入が少なかったので、総量規制対象外の銀行カードローンで借入れしました。クレジットカードも持っていたのですが、年収の3分の1までというのは、やはり不便ですよね。カードローンの限度額は「50万円」まででしたが、ありがたく活用させていただきます!

サブコンテンツ

このページの先頭へ